前へ
次へ

離婚裁判は民法上に訴訟条件の規定があります

離婚には様々な理由がありますが、いくら一方が離婚したいと思ってもそう簡単にできるものではありません。というのも、離婚にはお互いの意思が必要だからです。自分は離婚したいという意思があっても、相手が拒否すると離婚できなくなります。そうなるともう離婚できないのかと思う人もいるかもしれませんが、調停や裁判離婚などの方法もありますので、どうしても離婚したい方はそのような制度を利用してみるといいでしょう。ちなみに離婚裁判は調停が終わった後に行いますが、訴訟を起こすには民法で条件が規定されていますので確認しておきましょう。それによると、「配偶者に不貞な行為があったとき」、「配偶者から悪意で遺棄されたとき」、「配偶者の生死が三年以上明らかでないとき」などです。夫や妻が浮気や不倫といった不貞をした場合や、パワハラやDV、精神病など、離婚せざるを得ない理由がある場合にのみ離婚裁判を行うことが認められているのです。

Page Top