前へ
次へ

離婚裁判になった場合は証拠が必須

結婚相手が不貞行為をした場合は、された方は離婚を申し出ることによって離婚が成立する事が十分可能です。例えば不貞行為の中には浮気や暴力、多額の借金などがあります。もし結婚相手が浮気をしていてそれを知った時には、裁判によって離婚が成立することも多くなっています。ただ、離婚裁判になった時に重要になるのが証拠です。いくら結婚相手が浮気をしていてもそれを立証することができなければ離婚裁判によって離婚が成立する可能性が低くなります。結婚相手も、場合によっては裁判で自分は浮気をしていないと証言する可能性が十分あります。そうなった時に、証拠がなければ厳しくなるので裁判をするのであれば証拠をおさえておく必要があります。浮気の証拠になるものは肉体関係が証明できるものです。例えば結婚相手と浮気相手が一緒にラブホテルに入る所や浮気相手の自宅に入っていく写真などが有効です。さらにラブレターやいかにも肉体関係があるようなメールも証拠の1つになります。自分で集めるのは大変なので弁護士や探偵の力を借りるようにします。

Page Top