前へ
次へ

離婚裁判を行ったことについて

私は主人との離婚を決意してそのことを思い切って言ったのですが、主人は相手にしてくれなかったのでこのままでは離婚することができないと思い弁護士に相談しました。主人の浮気が原因で夫婦生活は殆ど破綻していたのですが、主人は絶対に離婚しないの一点張りでこのままでは埒が明かないと考えて裁判になることも辞さない強い気持ちで臨む決心をしました。離婚裁判に強い弁護士を紹介してもらい準備を整えて裁判をすることになったのでけっこう自信があったのですが、それでも負けたらどうしようという気持ちは常にありました。また予想以上に時間がかかったこともあり少し焦ってしまいましたし、裁判所に行かなければならない時もけっこうあり精神的にとても辛い思いをしました。ただ最終的には離婚をすることができたので良かったですし慰謝料ももらえたのでホッとしたのですが、これも離婚裁判の実績のある弁護士が頑張ってくれたおかげだと今でも大変感謝しています。

Page Top