前へ
次へ

離婚裁判は双方の意思に関係なく離婚できます

離婚の方法としては、協議離婚、調停離婚、そして裁判離婚がありそれぞれに特徴があります。まずはお互い協議の場を設け、そこで色々なことを話し合うことになりますが、ここでまとまらないと調停や裁判離婚へと移行することになります。日本の法律は調停前置主義ですので、裁判にいく前に必ず調停手続きをしなければいれません。そして調停も不調に終わると、初めて裁判を行うことになるのです。離婚裁判には様々なメリットがあり、そのひとつが相手の意思に関係なく離婚成立できる点です。調停は、あくまで双方の話し合いによって解決する場でもありますので、一歩が離婚を拒否した場合は当然のことながら離婚ができなくなります。「子どものため」、「今後の生活のため」など、拒否する理由には色々ありますが、離婚裁判になると、相手が望むと望まざるとに関係なく、裁判官の判断によって離婚を成立させることができるのです。調停で離婚できなかった時でも、裁判になれば必ず離婚できるという確証がある時は、訴訟に移行したほうがいいでいしょう。

Page Top